違法賭博が蔓延している日本...

ギャンブル依存症!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現在、巷でも有名になってきた症状があります。
 それは、『ギャンブル依存症』 です。

 

 

 

 このギャンブル依存症はまだ歴史も浅く、
 最近注目する人たちが増えて、
 やっと認知されるようになってきたものであります。

 

 

 

 ギャンブルをしていなければ落ち着かない、
 非常に渇望する、他に興味がなくなってくる、
 ギャンブルのために借金を作ってしまう、
 などの症状があるとされているのですが、

 

 

 

 依存症として認知されている症状が、
 ギャンブル依存症でも確認できることから、
 ここ最近、そのように言われるようになってきました。

 

 

 

 この症状が、『依存症』 として言われる所以は、
 枯渇する対象、つまりギャンブルをするせいで、
 借金などの問題が生じるにも拘らず、
 止められないというところに、危機を持たなければなりません。

 

 

 

 実際に、違法賭博とされているものに関しては、
 このギャンブル依存症が原因ではないかとも言われており、

 

 

 

 通常娯楽であるはずのギャンブルが、
 依存状態になることで、非常に強い枯渇状態になり、
 そこから違法性を伴う、過激な状態になると考えられているのです。

 

 

 

 違法賭博を行うには、かなりのリスクがあります。

 

 

 

 闇の組織が絡んでいることもあり、
 その危険性は、”命の危険” をも伴うことがあります。

 

 

 

 そうした症状や危険を回避するためにも、
 「自分はギャンブル依存症ではないか?」
 と、考える必要があります。

 

 

 

 もし不安であれば、専門家の治療も、
 最近ではセオリーになってきましたので、
 違法賭博にまで手を出してしまう前に、
 治療を行うのも良いかもしれません。