違法賭博が蔓延している日本...

賭博を取り扱う漫画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 漫画は日本のメインカルチャーとも呼べるほど、
 盛んになっている文化であり、日本人はともかく、
 外国人からも日本のマンガは非常に人気があるようです。

 

 

 その中でも、物議を醸し出したのが、『賭博を取り扱う漫画』
 有名な作品でいえば...

 

 

 

 ・『天』
 ・『銀と金』
 ・『アカギ』
 ・『哭きの竜』
 ・『モンキーターン』

 

 

 

 ただ、どれも独特の世界観を持っており、
 作品自体は非常に良い作品なのです。

 

 

 

 ですが、これらが、”教育上良くない” として、
 場所によっては、小学生・中学生の購読を禁止する動きもあったようで、
 そこまで大規模ではないようですが、日本人は、
 ”ギャンブルに対して敏感” になっていると感じさせられる一面です。

 

 

 

 漫画は特に、カルチャー面で人々に大きな影響を与えますので、
 アダルトな内容に続き、ギャンブル関係もその取扱は人によって様々で、
 上記のように教育上良くないと考える方も少なくありません。

 

 

 

 確かに、カイジなどは内容でも過激な場面がありますので、
 映画にもなった上で社会現象ともなりましたが、
 今後こうした漫画がどのような物議を醸し出していくのか、
 動向が気になるところではないでしょうか!?

 

 

 

 実際、一部漫画では、「こんなことが行われているはずがない」
 というような、過激なものも多くあったりもしますが、
 それでもこうした想像は、現実に起こってしまい、
 犯罪に繋がることも、少なからず存在します。

 

 

 

 各々の付き合い方が、問われているのではないでしょうか。