違法賭博が蔓延している日本...

将棋で賭博!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 将棋でのギャンブル、というものにピンと来る方は、
 現在では、少ないのではないでしょうか。

 

 

 

 昔ながらの商店街などを歩いてみると、
 よく将棋が打てるスペースが有ったものなのですが、
 実はそんな何でもない所でも、違法賭博の盛り場だったのです。

 

 

 

 将棋の真剣師(違法賭博で生計を立てる者)は別名、
 『くすぶり』 と呼ばれながら、既に江戸時代には存在していたと言われます。

 

 

 その後、明治以降も賭け将棋は非常に盛んに行われましたが、
 後にプロ将士という概念が確立されてからは、
 アマチュアで違法賭博扱いされていた、
 将棋の真剣師は減ってきたと言われています。

 

 

 

 現在では、ほとんどいなくなったと言われていますが、
 それでも賭け将棋は、中高年の間では、
 まだ続いているのではないかと言われています。

 

 

 

 真剣師の間では、イカサマがつきものです。

 

 

 

 将棋の場合であれば、
 駒を隠し持ってすり替える行為などがあったようです。

 

 

 

 現在は、プロ雀士であれば格式も高く、
 賞金も非常に高額なため、純粋に将棋が好きな人間にとっての、
 登竜門として崇められる存在になりました。

 

 

 

 輝かしい舞台もあれば、その裏で真剣師として、
 闇の世界を生きる将士も居たと思うと、
 違法賭博でも、ただ単に違法と言い切るのではなく、
 非常に奥が深い者であったのだなあと思わされます。